夕暮れ黄昏日記

想いのままに。ありのままに。気の向くままに。

夫のつとめ

妻が、仕事でトラブル続きでヘトヘトです。

その日あった出来事をたくさん話してくれます。

そんな妻の話を聞いてあげられる人がいなくなったら・・・。

妻はどうなってしまうのか・・・。

 

やはり、私が妻の話をきいてあげなくてはと改めて思いました。

夫は妻の話の聞き役になるのが務め。

 

では、自分の話は誰が聞いてくれるのかと・・・。

寝て忘れるしかありません。

まぁそれでいいのです。

それほど、私が話をするようなことはありませんから。

 

こうしてPCに向かってブログを書いている時間が楽しいのは、書くことで頭の中を整理したり、発散できたりするからかもしれませんね。

 

話は変わります。

昨日、土地と建物の査定を電話でしてもらいました。

住所、土地や建物の面積で相場を出してくれました。

残りの住宅ローンを払いきれる価値が今はまだあることが分かりました。

でも、出来れば売るようなことがないのが一番です。

 

私は、1Kのアパートで静かに独り暮らしがしたいなーという願望があります。

テレビもいりません。新聞もとりません。今の時代スマホやPCがありますから。あとは最低限のものがあれば十分です。

そんな生活にあこがれを抱いています。

 

ですが、離婚するのも簡単ではありません。とくに離婚する理由もありません。

ただ、一人になりたいという気持に今なっているというだけなんです。

 

結局、夫婦円満・家庭円満でいるのが一番なんですよね。

私は、すみっこ暮らしをしていればい良いのです。

家族が自由に楽しく暮らせていればいいのです。

 

一日の中で、この早朝は、自分だけの静かな時間。

最高です。

これからも朝活できるように薬に頼りながらゆっくり生きていこうと思います。

 

さて、そろそろ、朝の家事を始めよう。

妻に負担をかけないために。

 

時々スイーツのお取り寄せ。妻の誕生日も近い。