夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

心のダム

昨日から、他部門の研修がはじまりました。

普段の仕事とは全く別の仕事。

 

研修と言っても、ほとんどが見学。

少しだけ操作をしてみる程度。

 

辛い研修ではない。

見聞を広めるいい機会。

 

昔の同僚に再会して話が聞けて有意義である。

皆立派に仕事をしている。

成長した姿を見せていただいた。

 

私は、崖の下に落ちてしまった。

最近では這い上がるつもりもない。

 

崖の下の良さもある。

住めば都。

 

這い上がるにはエネルギーが必要である。

そのエネルギーは持ち合わせていない。

 

私の心のダムは枯れている。

水が溜まっても、故障していて発電は出来ない。

そのうちまた、心のダムは枯れていく…。