夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

天井を突き刺すような

天井を突き刺すようなその様はすさまじいです。

こうなると寝ていられません。

 

2時20分に起床。5時間半睡眠。

体はガチガチに固まっています。

 

少しずつ体を動かしながらほぐしていきます。

でも、どうしてもほぐれません。

 

後ほど朝風呂に入ってほぐれるかどうか。

今日も試していきます。

 

今日は研修の最終日です。

研修と言っても、企画部門のお仕事を見学するというもの。

難しいことは何もありません。

 

同じ研修に参加しているのは、20代の若い人たちです。

彼ら、彼女らにとっては新鮮な物ばかりでしょうからよい研修です。

私のような45歳が参加するのは珍しいことかもしれません。

 

一緒に組んでいる女性は高卒入社3年目の21歳。

とても礼儀正しく、ハキハキしていて、物腰も柔らかく、愛想も良い方で話もしやすいです。

このような優秀な人材が入社してくれるのはとても有難いことです。

 

私の働く会社では、試験に受かれば給料を頂きながら大学へ行くこともできるのです。

彼女は大学をめざしているということ。上手くいけば出世コースです。

若いというのはエネルギーがあって素晴らしいです。

私はいつも若手を応援しています。

 

私は、研修に参加したのは、今まで関わりの合った人たちが企画部門で活躍している姿やどんな仕事をしているのか興味があったから。

たくさんの知り合いがおり、久しぶりの再会を楽しみながら研修を受けています。

 

さて、私は、これからどうするのだろうかと。45歳といっても、あと15年~25年働かなくてはなりません。そう考えるとまだまだ時間があるのです。

 

惰性で生きるのか、挑戦して生きるのか…。

うつ病にはどちらが良いのでしょうか…。

 

挑戦することはハードルが高いです。

今の私は現状を維持するのに精いっぱい。そんな気がしているだけかもしれません。

 

楽しく生きられるのはどちらなのか。

健康なら、間違いなく後者のほうでしょう。

 

ただ、自分で希望してどうなるわけでもなく、仕事は向こうからやってきます。

日々、自分のできることを積み重ねていくしかありません。

 

最悪、退職して、離婚して、家や車を手放し、生活保護を受ければ生きてはいけます。

死を選ばず、生きていくことを私は選びたい。そう思います。

1Kのアパートで独り暮らし。それもまた良いじゃないですか。

 

どんな人生でも、生きていなければ味わえないものばかりです。

すべての経験は人生の財産ですから…。

 

それでは、また。

早朝の家事をそろそろ始めます。