夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

6才のうた

妻が『6才のうた』をピアノで弾いています。

卒園式で弾くのだそう。

 

素敵なメロディーです(^^♪

毎日、毎日、一生懸命練習しています。

 

ピアノ🎵のある生活とはなんと優雅なのでしょう。

私は何も楽器ができません。

羨ましい。

かといって、挑戦しようとも思えないのです。

私は不器用ですから…。

 

妻も必要にならないとピアノを弾いてくれることはありません。

今は、私たち家族はピアノの音色に癒されています。

 

今年度は卒園式のピアノ役に自らかってでたそうで、頑張っています。

偉いぞ!

すごいぞ!

いい曲だぞ!

上手になってきたぞ!

 

友人にピアノが大好きな人がいます。

彼女はとっても上手。

曲を知っていればなんでもすぐに弾けてしまうのです。

そんな人もいるのですよね。

すごいですよね。

憧れてしまいます。

 

でも、妻も努力しています。

その姿をみて、私は妻に尊敬のまなざしを向けるのです。

 

 

 

人は色々。

音楽できる人、歌が上手な人、絵が上手な人、スポーツが得意な人、、、。

みんな努力してきたからできるのですよね。

 

 

たぶんですが、前世でも、前々前世でも、やっていて1000年とかやってきた人が、幼いうちから、出来てしまう天才。

 

今世だけで人生を考えてしまうと、同じ期間、同じ時間練習して、でも人によって差があります。なんでこんなに違うのって不思議。

 

一度の人生しか考えていないと、すぐに諦めてしまうかもしれませんが、魂に死はありません。

 

魂に刻み込んでいけば、来世で肉体を得た際に、再び挑戦を続けることが出来るのです。

f:id:myroomofgrowth:20210928063007j:plain

 

私は何に挑戦してきたのでしょうか、、、。

自分が何者か、、、。

未だにわかりません。

何をやっても。

、、、。

 

でもいつか、わかる日が来ることでしょう。

 

楽しみだな。

 

今日はこの辺で。

 

夕暮れサラリーマン