夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

手帳

今週のお題「手帳」

 

私には、手帳が欠かせません。

病気になる前は、かなり活動的な生活でした。

スケジュール管理が重要でした。

年間のスケジュールを立て、様々な会議、ミーティング、行事、学習会等々でどんどん追加されて埋まっていきます。

本当に空いている日がなくなります。

 

プライベートな時間はほとんどありませんでした。そんな中、家族との時間を死守するためにも重要な手帳でした。

 

さっと広げれば予定がすぐにわかりますし、計画を立てるにも重要になります。

スピード感をもって生活していたので手帳は手放せませんでした。このころは、ウィークリーを使ってました。

 

うつ病を悪化させてしまってからは、一切を手放してしまったので、生活が一変しました。

手帳に書くことは、定例の会社の会議と、病院の通院日くらいです。後は家族の誕生日。

うつ病を悪化させて投薬治療をはじめて、辛さというものはありますが、私はラッキーだったと思っています。頑張りぬいた結果、私は幸運に恵まれたのだと思います。

 

人生が全く別のものになったというか、本当に暇です。ゆとりがあって、スケジュール管理も楽。ストレスがなくなりました。マンスリーで十分です。

 

スマホで管理するでも良いかもしれませんが、私は手帳が断然好きです。毎年選ぶのも楽しいですし。

 

今年は、会食のスケジュールが増えたらといいなと思います。

コロナ禍でなかなか会えずにいた人もいますから。

 

今年こそ、会いたい人たちとだけ、たくさん会うぞ!!