夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

あなたも私も、かけがえのない存在です。

f:id:myroomofgrowth:20220207064556j:plain

『うつ病』といっても、人それぞれなんです。

人はみな、一人一人違うのですから。

置かれた環境も違うのですから。

克服した方もいますし、長年辛い思いをしている方もいます。

もちろん、同じようなところもあります。

 

今回は、私の場合のお話。

 

たぶん幼少期から

大変厳しく育てられました。

私は親から認められませんでした。

常に否定されて。

何かできても、当たり前。

物心ついたころは、ビクビク怯えていました。

気も小さく、不安な毎日。

すぐに怒鳴られ、叩かれて、、、。

子どもらしくない子供になっていました。

 

幼稚園の時に描いた絵が出てきました。

背景は真っ黒。その中に赤い目玉が1つ。私を見下ろしている絵。

完全に精神異常者です。

でも、当時は、なんの問題にもならなかった、、、。たぶん。

 

ずっと引きずってた

暗い思いを引きずりながらずっと、少年時代、青年時代を過ごします。

他人から根暗な人間と言われて、いじめにも遭っていました。というか、、周りの人と会話が出来ませんでした。

「死にたい」と毎日願っていました。「明日が来なければいいのに、、、」

生きている心地がしませんでした。

早く、親の元を離れて、独りで生きていきたい。

自分を否定する存在に自己肯定感を下げられ続け、親から『所有物』扱いされていました。

私は、あなた方のために生きているのではない、、、。そういう思いを抱いていました。

 

操り人形

親から離れ、自立したものの、今度は会社の中で、私は操り人形になりました。

会社の奴隷ではなく、労働組合の奴隷になったのです。

労働組合こそ、きれいごとを並べたブラックな存在。

私は体と心を蝕み続けました。

自分の意志を持つと批判され、つるし上げにあうのです。

フラフラになりながらも、きれいごとでも、それが人のためになることも事実あり、いつしかやりがいを感じはじめ、20年役員を勤めました。

 

完璧主義

操り人形だったとしても、自分の意志もありました。自分が正しいと思うことには必死に食らいついていました。納得いくまで追求していました。

自分の理想があり、人に任せることが出来ないのです。

○○すべき。

すべき、すべき、すべき、、、。

自分を苦しめたのは自分自身でした。

 

限界

虚偽に加担することになり、虚偽をも守らなくてはならないのか、、、。

頭を抱えましたが、虚偽を正し、正しい道へ軌道修正をしていきました。

それでも、組合幹部たちからは、批判を受けました。

そんな日々が長いこと続き、ついに限界に。

吐き気

食欲不振

不眠

気力がわかない

意欲がわかない

息苦しい

急な発汗

震え

ひどい苛立ち

ひどいコリ

極度の不安

極度の恐怖

頭が働かない

数字が読めない

時間が読めない

仕事ができない

脳内や腸内環境の異変

 

いま

すっかり、ストレスから解放されています。

私が組合の第一線を退くことを許してくださった皆さん、雇用し続けてくれている会社、いつも変わらず明るく接してくれていた家族のおかげです。

 

一度ひどく壊れた心身。

未だに修復されない症状はあります。

だから、薬と上手に付き合っています。

そして、投薬治療は7年目に突入。

今、私は、元気です。

 

ありのままに、想いのままに、気の向くままに、、、。

自分に優しく、自分を許し、他人を許し、すべてを許し、

水流の如く抗わず、柔軟に力強く生きています。

頑張ることを手放して、

新しい自分を生み出して。

 

何年かかるかわかりませんが、いつか、薬も卒業できるときが来るでしょう。

主治医からは「仕事している間はむずかしいな」と言われていますが、、、。

 

それで、いい。

今、元気でいられるなら。

 

おわりに

今回もうつ病について、私の体験、考えを少しだけですが紹介いたしました。

あなたはあなた。私は私。みんな違ってみんないいのです。

そしてお互いに、かけがえのない尊い存在なんです。

 

 

さて、今朝はこの辺で。

今日も一日、頑張らずに、楽しみましょう。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。