夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

娘が車ではじめて事故った!

2022.3.4 16:20頃 

娘が車で自爆。物損事故を起こしてしまいました。

娘は免許取得して半月ほど。

ちなみに乗っていた車は、私の愛車、、、。

f:id:myroomofgrowth:20220305070632j:plain

2022.3.4



 

事故の状況

娘が走って慌てて私のところへ来たのです。

私は、走ってくる足音がしたので「なんかやったな~」とすぐに察知。

娘は、「お父さん、やっちゃった💦」と。

娘は何もケガ等していません。

まずは、良かったと。

私が玄関を出て、その光景は目に入りました。

「あ~ね、、、。」

現場の側に行ってみると、フェンスを突き破り、右前輪が脱輪している状態。

ちょっと何でこうなった???とみんなが不思議に思うような状態でした。

私の娘だから、、、想定内。

不思議とほほえましく思えました。

運がいい

私は、「不幸中の幸いだ、良い体験ができるじゃないか」とすぐに思いました。

運が良いのです。

・けが人はいない

・家のすぐそばだった

・車が傷つき、フェンスが壊れただけで済んだ

・私が家にいた

すぐに対応

娘に、「とりあえず、110番して警察に状況を伝えてごらん」と

娘は戸惑いながら初めての『110番』

 

「お父さんは保険会社に電話するからね」と。

私は車の損保ジャパンの担当の人へ連絡しました。

その後、ロードサービスに連絡し、レッカーを手配。

また、車を使う予定がありましたが、キャンセルの連絡。

現場検証・事情聴取

その間に、警察は到着。現場検証、娘から事情聴取。警察の方も苦笑い。

私もいくつか質問をうけ、フェンスの持ち主がどこなのかの確認。

おそらく不動産会社のもの。私が、土地を購入した際の不動産会社へ連絡し、事情を説明すると、持ち主は不動産会社と判明。

警察にその旨と、不動産会社の名前や連絡先など情報提供。

警察は、状況を確認したのち、帰っていきました。

損保ジャパンさん丁寧

保険会社の担当の方が到着。

状況を見てくれて、レッカーが来るまで3人で立ち話。

そのうち、不動産会社の社長さんも到着。現場を見てくれました。

不動産屋さんも優しく対応して下さいました。

「どう直すか検討するよ」ということで帰っていかれました。

不動産屋さんと保険の担当の方とでもお話をしていたようで。

保険会社の担当の方は、「3万円程度で簡単に直すと言われたら保険を使わず現金で良いかも」「ちゃんと直すなら10万くらいかかるそうなので、そうなったら保険を使って、フェンスを直すから車も直すといいですよ」と。

いろいろと、丁寧にお話をしてくださいました。

レッカー到着

プロに引き上げてもらった方がやはり安心です。

手配してから到着まで40分ほどかかりました。

到着してからは素早く対応してくださりました。

無事に引き上げ完了。

サインをして、「ありがとうございました」と。

車は傷だらけになってしまいましたが自力走行可能でした。

車の状態

運転席のドアのところには、触ると怪我をしそうな深い傷も出来ていて、、、。

バンパーも凹んで。傷も、、、。

私の心の中は「まあ、いっか」「このくらいで済んでラッキー」

 

娘は、はじめは「もう車に乗るのが怖い、、、」とつぶやいていました。

私は、「運が良かったのだよ」

・娘が無事であること

・他人を巻き込まずに済んだこと

・事故を起こしてしまったときに何をするのかということが実際に体験できたこと。

私の声掛け

・運が良かったのだよ、よかったね。

・この経験を生かすには、めげずに車に乗ってほしいな

・乗らないと慣れないし、運転できなくなってしまうよ

・今度からもっと気を付けようね

と、事故後の対応について、私が行ったことについても説明して、全体の振り返りをしておきました。

おわりに

娘は、ネガティブ思考になりがちなので、子供のころなどは小さなことでも泣いてしまい、どんなに声掛けしても聞き入れない頑固なところもあって。でも昔から前向きになれるように切り替え方を伝えてきたつもりです。

今回もそうですが、何かマイナスなことが起きても、プラスに捉えることの実体験が出来たことは良かったなと思います。娘も「練習しないといけない」と前向きに気持ちを切り替えることが出来るようになりました。

 

まだ、車をどうするか、、、。どのくらいの費用が掛かるか、、、。これからのことはありますが、現状について、こうして記録しておきます。