夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

丁寧な暮らしがしたいし、助け合うことも必要だし、我慢も必要だし、、。

丁寧な暮らし

私は丁寧な暮らしを心がけています。

ちょっとしたこと。

 

例えば、

玄関に靴を出しっぱなしにしない。

玄関を綺麗にしておく。

床に物を置きっぱなしにしない。

空けたら閉める。

出したらしまう。

食べたらすぐに片付けて洗う。

台所は綺麗にしておく。

規則正しく生活する。

etc

 

そんな感じです。

 

人生は修行

いくら丁寧にしても、家族はその逆をする人なのです。

これも、まったく直りません。

私はため息をつきながら、

「まぁいっか」

 

何度言っても変わらないものは変わりません。

自分の考えを押し付けても仕方ないのです。

これはたぶん私の人生の修行なのですね。

私は私の「我」のために、自分で嫌な気持ちになっているのです。

 

私にも気づいていないけれど、悪い習慣はあるのでしょうし。

例えば、思考の癖。

ネガティブになりがちなところ。

なかなか直せません。

 

まあ、お互い様ってことですね。

 

選択できる

人生何とでもなります。

どんな選択をしていくか。

自分で選べるのですから。

 

幸い私は独り暮らしは苦になりません。

だからずっと考えているのです。独り身になることを。

どうしても、家族とウマが合わなくて我慢できなければ、さよならすることもできるのです。

 

元気な時はそれで良くても、病気やケガで動けなくなった時、誰かの助けが必要になり、家族のありがたさを知るのです、、、。

 

それも分かるのです。

家族をつくって生きていくということは、確実に子孫を残していくための最善の術なのでしょうね。

 

これから、益々厳しい時代になります。

助け合うことが大切です。