夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

体調が思わしくない時に思う。「ちょうど良いが、ちょうど良い。」

今日もおつかれさま。

 

 

 

最寄り駅までの間に。野良ニャンたちに出会いました。

何やら、朝から集まりがあった模様。

私が、現れたら、解散してしまいました。

 

お邪魔してごめんね。

 

 

 

どうも身体が重怠い。

血圧も下がっているようで。

通勤だけでフラフラでした。

 

仕事が始まってからも、キツイ、、、。

眠いし、重いし、力が出ない、、、。

 

 

今日は防災訓練でした。

避難所の確認。

消火器の確認。

消火栓の確認。

排水の確認。

備蓄品の確認。

 

+αで。

安全教育。

を受けました。

 

いつものように、ぼけっと、過ごしていられない一日でした。

良いのですけど、その方がいい。

一日が早く感じられるから。

 

言うても、大したことはしていませんので。

気楽なものです。

 

私は、なんて運が良いのでしょう。

これでお給料を頂いているのです。

 

私の労働力が私の商品ですから。

会社は私のお客さまです。

 

私の労働力、お客さまに、私のちょうどいい額で買っていただいているのです。

私はお客さまとの関係性を大切にしています。

それがちょうど良いのでしょう。

 

 

結局、今日は体調は思わしくなく。

いつも以上に疲れました。

 

無理せず、平日でも休むことも、私には必要かもしれません。

それが私にはちょうど良い休み方かもしれません。

 

 

 

夕暮れる時間も早くなってきました。

2022.9.1 16:50

今日もおつかれさま。

今夜はこの辺で。