夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

弱者救済してくれる優しい会社なのですが、かえって私の心は痛いです。

こんにちは。

 

コスト削減。

私の勤める会社は、異常にコストがかかる会社です。

 

コロナ禍で赤字に転落、コスト意識が高まり、仕事の見直、コスト削減、増収の企画など、会社を何とかしようとみんな頑張っているところです。

 

そんな中、私のやっていることは無駄なこと。本来居なくてもいいポジション。

経営の判断があれば、即廃止でしょう。

弱者救済の意味もあり、あえて残してくれている優しい会社です。

 

私は、いつ廃止になっても構わないです。

そのくらい大胆な変革をしないといけないと思うのです。

 

私は足りていないところに転勤でも良いです。

どこにも使えないとなったら退職も仕方ないです。

皆さんが気を使って悩んでいるところを見ているのもかえって心が痛いです。

 

私は、働けそうなところを見つけて何とかしますから。

何せ私は運が良いですから。

どうか遠慮なく、バッサリと言ってください。