夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

どこまでも追いかけてくる

酷い夢を見た。

トラウマが蘇る。

後遺症だ。

 

 

またあの人たち。

夢の中で、私は無理を強いられ追い込まれる。

彼らは再び私を騙し引きずりこもうとする。

一方で私のことを誹謗中傷し続ける。

 

 

考え方が違うのだ。

私は必死に抵抗した。

抵抗すると、今度は裏切者と罵倒される。

 

 

だが、私はもうお人好しではない。

自分に嘘をつきながら過ごすのは止めたのだ。

 

 

夢から覚め、目は真っ赤に充血していた。

身体は締め付けられていたような痛み。

 

 

今もなお、心も体も癒されていない。

自分自身が自分を許せていない。

 

 

彼らは、すでに私のことなどなんとも思っていない。

関わり合いもないのだから。

 

 

大丈夫。

私は私の生き方がある。

私の人生なのだ。

これからは風のように軽やかに生きていくのだ。