夕暮れ黄昏日記

想いのまま、気の向くままに。

会社で作文の課題がありましたが、はてなのお題と同じ感覚で書きました。

会社で昇格審査があります。

 

「1400文字から1600文字程度の作文を書きなさい」というので書きました。

ちゃんと、真面目に書きました。

 

すぐ1時間程度で書き上げました。

丁度1600文字。

原稿用紙4枚ピッタリ。

 

「さすが!」

と自分を褒めました~。

 

お題は決められていたのですが、私が書いた中身は会社が求めているような内容ではないかなと思います。

私はそもそも、会社員という自覚が薄いので。

 

現在の役割とか、昇格したらどんなことがしたいかとか、私にはあまり関係ありません。

 

会社の枠をちょっと外れて生きていますから。

一般社員が書くような内容にはなっていないかもしれません。

 

会社にとっては管理しにくい社員なのかな、、、。

昇格審査は落ちるかもしれませんが、好きなことを書けたので満足です。

 

好きなことといっても、会社の文句を書くといったレベルの話ではありませんよ。

仕事にとらわれず、志や実践していることを書きました。

 

当たり前のことや小さな成果、日常の気づきなどですので、自分では大したことは書いていないのですけれど。

自分を客観的にも捉えてみると、もしかしたら結構凄いことやっているのかもと。

 

ちょっと自己肯定感が上がりました。

 

昇格審査のための作文でしたが、お題をもらって、『はてなのお題』のような感覚で自分を表現することが出来て楽しかったです。

 

もしかしたら珍しい人種かもしれませんね。