夕暮れ黄昏日記

想いのまま、気の向くままに。

人生で一番古い記憶

お題「人生で一番古い記憶」

 

私は寝ていた。

目を覚ますと、目の前にクルクル回るおもちゃが。

私は、それが何かも分からず何となく眺めている。

 

何か声が、ハイハイして向かうとおばあちゃん。

母にだっこされて、おばあちゃんの帰っていく後姿を眺めている。

 

記憶は断片的ですが

これが私の一番古い記憶。

今思えば、赤ちゃんの頃の記憶。

 

祖母が亡くなったのは私が1歳になってすぐ。

記憶は、1歳になる前のもの。

 

46歳になった今も、お墓参りでおばあちゃんと話します。

私を今でも見守り続けてくれています。

 

母も2017年に他界しました。

一緒に見守ってくれているのでしょう。

 

いつもありがとう。

おばあちゃん。

お母さん。