夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

情熱はどこ? あと少し?

夏の高校野球、世界陸上、熱い夏です。

 

昔はスポーツが大好きでしたが、今は、、、。

情熱をどこかで落としてしまったのかな。

 

私の情熱、どこですか。

誰か知りませんか。

 

いつからだろう。

気づいたら、情熱がなくなっていました。

 

まあ、いっか。

 

 

 

そういえば、テレビもほとんど見なくなりました。

昔はテレビっ子。テレビばかり見ていました。

 

今、テレビを観ても疲れてしまうだけで。

今、観るのは15分の朝ドラ。録画しておいて気の向くときに観るだけ。

 

それも、今回の『ちむどんどん』はたまたま。

 

独り暮らしになったら、テレビは不要だなと思っています。

 

 

 

独り暮らしにあこがれています。

誰かに心や部屋を荒らされることもありません。

幸い私は家事がさほど苦ではありません。

自分のことだけなら楽ちんです。

規則正しい時間を過ごし、趣味の時間を楽しみ、ただただ静かに、心穏やかに。

 

そんな時間を求めて

 

鉛筆画、水彩画、書道、写真、、、。

 

静かに、穏やかに、過ごす趣味も出来ましたし。

情熱はないけれど、静かに楽しむのもいいもの。

 

あれ、

 

それとも、趣味を楽しめるのも情熱があるってことなのでしょうか。

 

「情熱」

 

 ⇒物事に対して激しく燃え上がる感情。

 

、、、。

 

やはり、情熱はない。

もう、歳のせいでしょうか。

 

でも、いくつになっても情熱を持っている方はいますよね。

歳のせいではないようです。

 

まあ、いっか。

何でも。

 

とりあえず、趣味が出来たのは幸いです。

生きる楽しみがあるのですから。

 

 

子どもたち。

2人いますが、手が離れるのもあと数年。

 

親がなくとも子は育つ。

あまり、過保護に関わりません。

 

もう好きにしなさい。

でも法律は最低限守ってね。

そして生きていればそれでいい。

 

 

さて、私もどうも病気がいろいろありそうです。

まあ、人生に悔いはないので、何でも受け入れられる気がしています。

 

母は、治らない病気であったのに、医者はあいまいなことを言い、母は治ると信じて闘病しました。でも結果は、、、。

 

私は、死を受け入れられるので率直に先生に聞くことが出来ます。

治るのか、治らないのか、難しいのか、簡単なのか。余命はいかほどか。

 

苦痛を緩和してくれたらそれで良いのです。

それ以外は自然のままに。

 

ポックリ逝くのは楽ですが、残る人のためには終活する時間は欲しい。

それは、選べないですけど。

 

少し暗い話題になりましたが、夜だからでしょうか、、、。

 

とりあえず病院には行っておくかなと。

放っておいて、いきなり居なくなるのは迷惑かけてしまいますからね。

 

今夜も私の耳には不気味な笑い声が聞こえてきます。

 

これは、いけない、、、。

そろそろ寝よう。