夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

私は空を仰ぎ涙する

上を向いて 歩こう
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
一人ぼっちの夜…。

f:id:myroomofgrowth:20210722113314j:plain

1985年8月12日

当時私は9歳、小学2年生でした。

18時12分 
日本航空123便は羽田空港から大阪・伊丹空港に向けて離陸。

18時25分 
「ドーン」という音と共に異常事態発生。操縦不能。

18時56分 
群馬県多野郡上野村御巣鷹の尾根に墜落した。

乗客509人、乗組員15人、計524人

520人が死亡。乗客4名が重傷を負った。

f:id:myroomofgrowth:20210809063919j:plain

犠牲者の中には

私も好きだった坂本九さんも。

私の母校は遺体安置所に使用されました。

衝撃的な事故でした。

私は飛行機に恐怖を覚えました。

あの日、

事故を知った朝のテレビ映像を

忘れることはできません。

事故の原因は、当時の運輸省航空事故調査委員会が1987年に事故調査報告書を公表しています。

真実は諸説あるようです。

私には書くことはできません。

大人になって1度、慰霊の登山を行いました。

機体の異常事態が発生してから墜落までの30分。
その間に書かれた遺書。
どんな思いだったのか…。
その恐怖はどれほどのものだったか…。
その祈りはどれほどのものだったか…。
524人にはそれぞれの人生がありました…。
それぞれに物語があり、家族や友人がいました…。

当時のことを想像し胸が詰まる思い。

いろんな思いが交錯し

私の目から涙があふれだします。

遺族の方々は、事故の真相を求めていました。

きっと今でも真実はわからないのかもしれません。

 f:id:myroomofgrowth:20210811204838j:plain

事故から36年。

事故を知らない世代の方が多くなってしまいました。

毎年訪れる8月12日。

また、あの日の事を思い出し涙します。

上(空)を向いて。

御巣鷹の尾根に祈りを捧げます。

 

上を向いて 歩こう
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
一人ぼっちの夜…。

f:id:myroomofgrowth:20210722113559j:plain