夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

のんびりと、気負わずに、生きていればいいか。どうせ、いつかは迎えが来るのだから。

昨夜は、ご心配をおかけしました。

まだまだ、これからと言ってくださる方や、私を必要と思ってくださる方、寄り添ってくださる方々に甘えてしまいました。

でも、あなたのおかげで、今日の私があります。

ありがとうございます。

 

 

昨夜は独りでしっぽり呑みに出かけました。

仕事をしていて、改めて自分の必要性がないのではないかという思いがいたし。

 

39歳までの密度の濃かった人生と、病気の後のうっすらとした人生と、、、。

もっと何かできそうだけれど、出来ない自分がいて、会社では必要とされないなと感じてしまうのです。私が自ら辞めるのを会社は待っているかの様。

 

 

独りでカウンターに座っていると、2年年下の世代が4人訪れました。会話を聞いていると若いな~と。

2年年下ですから、十分おじさんなのですが、会話が若いのです。

私は微笑ましくなりました。

 

私は、次世代を支えていけばいいのですよね。

わかってはいるつもりなのに、、、。

しばしば忘れてしまうのです。

 

生活のために、家族のために、会社にしがみついています。

もっと充実した日々を送るには、自分が変わらないといけないのでしょう。

自分の機嫌は自分でとらなくては。

でも、一度冷め切ってしまった心には、なかなか灯がともらないのです。

もどかしいというか、、、。

 

燃えることに疲れてしまって。

燃えることが怖くて。

 

時より静けさを求めて。

それなのに、灯を求めてしまったり。

 

やっぱり温もりが欲しいのですよね。

温もり。

私は寂しいのです。

 

心はゆらゆらと揺れ動きます。

こうして、ここに表現できているのですから、私はまだ良いのです。

 

今日から3連休です。

再び、書や絵画に勤しむかなと思いますが、気持ちがのらなければ、ボーと過ごすのも良いのかな。

 

ただ、問題の解決にはならず、平日はまた同じことの繰り返し。

割り切れたらいいのですよね。

 

割り切り。

 

生きていれば、それでいい。

どんな時も学んでいるのですから。

 

気負わず、ありのまま、想いのまま、気の向くままに。

 

今日もお付き合いいただき感謝いたします。

ありがとうございました。