夕暮れ黄昏日記

想いのまま、ありのまま、気の向くまま。

共に生きる

性別、年齢、障がいの有る無し・・・。

みんな違います。

みんな違ってみんないい。

 

「私はうつ病」

 

これを自ら話すのは気が引けます。

 

変な目で見られるのではないか・・・。

めんどくさいと思われるんじゃないか・・・。

 

投薬によって、仕事も制限しなくてはならず、

事情を知らない人からは「あいつは何で楽な仕事をしているんだ」と陰で言われているのではないか・・・。

うつ病なんて気持ちの問題だろ・・・。

メンタルの弱い、情けない奴・・・。

 

そんな声が聞こえてきそうです。

同じく私自身がそう思ってしまっているのです。

自分で自分を卑下してしまう。

それが一番よくないんですよね。

 

周りの方は、何も偏見を持っていないかもしれない。

ただ、どう接したらいいのか戸惑ってしまうだけなのかも。

 

うつ病も、100人いたら100通り。

みんな違います。

だから私も、他人の症状はわかりません。

 

私は私のことしかわかりません。

話し合えば、共感することがあるのでしょうが。

周りに同様な人がいません。

 

生きづらいです。

でも生きなくてはなりません。

薬に頼って、元気出して・・・。(大して元気は出ません)

墜落しないように、難しい低空飛行を続けています。

 

それでいい。

だって、みんな違ってみんないい。

 

そもそも、人はみんな違う。

どんな人も、ありのままを、許して、生きていけばいい。